スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.09/07(Wed)

windows7 ローカルエリア接続が無くなったとき

windows7 ローカルエリア接続 無い

初めて起きた現象でした
PCの電源ケーブル抜いて15分くらいお風呂入って付け直すと復活していました
オンボードのLAN周りかの?CMOSでもいいのかも


メモ
スポンサーサイト
09:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.05/11(Mon)

ジャンクMac Pro(Early2008)を再生して自作FusionDrive化した話

MacProEarly2008(MA970J/A)、これこそ探し求めていたmacであり超コスパの良いmacでした。


とりあえず事のなりゆきから言うと、多分5年くらい放置していたのですが(昨日書いたvi8の事以前をさかのぼってまともにやってたのは2010年とかそのへんだと思う)あくまでブログの記事書くのはメモとして書こうと思っただけですたい

自分の古い記事なんて見るとCPUケースに電動ドリルで穴開けたりメモリ1GB増設しただけで「サクサクなったわいwww」って喜んだりPSPのパンドラバッテリー作っただけで調子に乗ったりとこいつダメだ…って感じになるのでちょっとは有益な事でも書こうかなって思っただけです

 実際はKEIANのKTV-FSUSB2を泡抜きしてわずか4000円でtvtest使ってテレビ見るとかPS3のHDDをFTP接続してCFW入れるのは超便利とかMacの内蔵Bluetoothを殺してUSBドングル単体にするアプリがある とか思いつくだけでこいつできる・・・ってなる感じのはあるんですけど はい このままだとこのブログ全然ダメなブログみたいになっちゃうので はい
正直ブログを書くという行為が疲れた




まずmacproEarly2008、こいつは安いです。とにかく安い。ヤフオクで落とすといいです。安いんで

でも2008ったら7年前ですよ7年前 そりゃあムーアの法則的には7年もあったら相当のマシンスペックの差は出るんですが、やっぱりQuadCore Xeon 2.8GHz x2は強いです。正直電気代とか気にしなければ今でも全然戦えます。はい。

というわけでmacmini2012のUSB3.0あるやつにしようか~でも8万は行くな~最近話題の無理やりwin構築でmac動かすhackintoshやろうか~うーんでもどのみちまた組む金もねえしなあちょっと前にPCケース一つ捨てたしなんか勿体無い…





WS000376.jpg
2015年5月12日現在


安い!!!!なんか安いぞ!!!



というわけで俺はジャンク品のmacproを6000円で落札しました。


ちなみにジャンクじゃなくても2万ちょいでメモリ4GBHDD300GByosemiteくらいなら買えます。自分はお金を1円でも安くしたかったのでジャンクにしました


まあジャンクを買ったのは直せそうじゃねという保険があったから 一度ジャンクのPHILIPSのモニターを掴まされ一日中糞袋になりましたからね
0a27822d.jpg


ちなみにジャンクmacproの仕様は
○HDD300GB(yosemiteインスコ済み)
○メモリ6GB
○QuadCore Xeon 2.8GHz x2
○ATI RadeonHD 2600XT 256MB


そしてジャンク仕様なのは、画面がチカチカしたり映らなかったりするということです。これを見て俺、これグラボのせいじゃね?

実際電源かもしれないしメモリかもしれないしOSの破損かもしれないしロジックボードがいかれてるかも…とは思ったが多分グラボな気がしたのです 何でかというと2600XTは結構地雷 
確かDVI-D×2なんですけど、当時から消費電力が高い、すぐ熱で逝っちゃうと結構不評でした。macproの標準グラボなのですが、こりゃあ中古なら確かにグラボも逝っててもおかしくないと思い、このジャンクの原因がグラボなら余り物を差し替えればいいやとポチりました。









到着!


DSC_2680.jpg



ぱら~ん

DSC_2681.jpg


DSC_2682.jpg


DSC_2683.jpg


側面に多少の傷はありますが、全然大丈夫です。だって送料入れても7000円してないんですもん 











①そしてここからは前自作したNAS用のUbuntu機の余り物やらをどんどんつけていく作業
※今回の記事はちょっと長いので番号で分けときます。



まずは問題のグラボの交換 今回付けるのは完全に余り物ですがHD6450 1G DDR3 PCI-E君。

今メインPCにつけているグラボはR7250X、その前が確か760Ti、760Tiは売ったのですが、これがNVIDIAのエラーが頻繁に起きてしまい、使い物にならなかったです。トリプルディスプレイ+HDMIスプリッターという環境なのでグラボにも悪かったのかもしれないのですがNVIDIAは結構エラーが出ちゃってるのであんまり使わないですねえ
このHD6450は4年前に高校の時に動かしていたwin機に差していたもの。それを今回使います。

DSC_2684.jpg



macproのPCIスロット2600XTが刺さっているのが見えます。

DSC_2685.jpg


まずこのスロット固定器を取って…
DSC_2686.jpg



サヨナラ!2600XT
DSC_2687.jpg


ちなみにyosemiteだとドライバとか入れなくてもグラボ認識するんですけど、復元するユーティリティーとかセーフモードへのブート時は2600XTじゃないと画面映らないことあるんでこれは取っておきましょうね



で、次はUSB3.0のPCI増設、これも持ってたものを使います。
DSC_2688.jpg



こんな感じでどんどん刺していくぞ
DSC_2716.jpg



次はメモリでも増設していきます。
DSC_2691.jpg




さすがにmacpro用の240pinメモリなんて余り物は無かったのでこいつは買いました。最初から6GB分刺さってたので8GB分。多分これが一番コスパ良いと思います。



macproのメモリ交換はバカみたいに簡単。いつもみたいにマザボにメモリカチじゃなくて(それでもハメるだけだが)引き出したボードにメモリカチ すごい こういうPC内部のとっつきやすさはappleのようにハードとソフト全てをデザインしている会社しかできない芸当でしょう。どんな人でも取っ付き易いこういう機構は素晴らしいですね
DSC_2692.jpg



で次はHDD付けましょうさすがに320GBのHDDは使いものにならないのでこいつは外して別のを入れます。
DSC_2707.jpg

WDの2TBです。WDのHDDって回転数が公表されて無いんですよね プラッタの回転数を書き込み頻度に応じて変えることで省電力にもなっていて、だから回転数が不明っていう話を聞いたんですが本当なんでしょうかね
でもWDのHDDはホントにお世話になってるし今までとんでもない不具合に出会ったことは無いので安牌ですね HDDは好みもありますが。 5年前くらいまではHITACHIが好きでした。とか書いてたら2009年、6年前の記事が出てきました。

http://ganpurasaikou.blog86.fc2.com/blog-entry-335.html

MAXTORのHDDをぶっ壊してHITACHIのHDDを買っています。そもそも320GBっていうHDDを買うことがすごいです。現状一番対費用効果の高いのは3TB辺りですねえ


Amazonだと8000しないんですね2TBのWD。これ買ったのクリスマスくらいだったんですけど9000円くらいした気がしたんですけどね その後3TB買ったから使わなかったんですが、macのHDDって形で使えて良かったです。


とまあとりあえず、刺さっていた320GBのHDDを取ります。これもWDですね
DSC_2693.jpg



こいつはよく使ってるロジテックのHDDケースに入ってもらいます。USB3.0で3.5インチケースでこいつはおすすめです。ファンレスなので長期保管には向かないのですがポータブル的な使い方には一番安定感ありますね
DSC_2694.jpg




お次はSSDを付けます。と行ってもこんな安macにSSD買うのも勿体無いので、この前Transcendの256GBSSDを増設したメインPCの余り物の128GBのSSDを外してmacの方につけようと思います。

DSC_2695.jpg

↑メインPC ケースはZALMANの白使ってます。前は黒だった


DSC_2696.jpg

裏配線どば~~ 裏配線は汚いのですがこんなん蓋閉めたら見えないんだからええじゃないか派です。 ちなみにZALMANのケースは裏配線の場所に2.5インチベイがあるのでそっちかと思って開けたんです。 無かった。


DSC_2697.jpg

というわけでこっちの・・3.5インチシャドウベイに・・・


DSC_2699.jpg

DSC_2700.jpg

発見!Transcendのマウンタに無理やり付けてますね
CrucialのCT128M4SSD2です。4年前に買ったのですが、128GBのSSDで14000円しました。時代の流れってすごい







DSC_2701.jpg
これを閉めるの超大変だった






それではSSDをマウンタに付けて差し込みます。マウンタは裸族のやつ


裸族シリーズはNASで使っているんですけどとても信頼性があって良いです。あと裸族で名前が親近感があっていいっすね
DSC_2703.jpg


カチッとね
DSC_2706.jpg



macproのHDDマウンタってすごいです SATAケーブルで繋ぐっていう普通のマザボとは違ってHDDを直接ぶっさすんで、拡張性が無いだろとは思うんですけど、マウンタに取り付けてそのままスッと挿すとHDDの取り付け終わるんです。
取り出す時も引っ張るだけ。 ホントこれすごいっすね
DSC_2710.jpg

がしょーん
DSC_2711.jpg

んー
DSC_2712.jpg


せい!
DSC_2713.jpg



これでHDD取り付け終わり 




さてここからは中盤戦です。取り付けたSSDにyosemiteインストールしたいと思います。








②yosemiteダウンロード~USBフォーマット


まず8GB以上のメモリを用意して、yosemiteをインストールしましょう




OS X Yosemite - Apple



ダウンロードを始めます。ダウンロード中はランチャーで進行状況が分かります。
スクリーンショット 2015-04-29 20.23.11


同意をしていく
スクリーンショット 2015-04-29 20.54.19

ダウンロードしたらディスクユーティリティでUSBをフォーマットしておきましょう
スクリーンショット 2015-04-29 20.55.00

パーティションの「1パーティション」を選択して、名前を「Untitled」に変更
スクリーンショット 2015-04-29 20.55.44


GUIDでフォーマットです。
スクリーンショット 2015-04-29 20.55.54

そのあとパーティションをクリックしましょう
スクリーンショット 2015-04-29 20.56.06








ターミナルからUSB起動ディスク作成


ターミナルを起動させて、コマンドを入れていきます。


sudo /Applications/"Install OS X Yosemite.app"/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/"Install OS X Yosemite.app" --nointeraction



これを入れてreturn パスワードを入れてください。


こんな感じでDoneが表示されればUSB起動ディスク作成完了です
a.png





さて、ここまで来たらこのUSB起動ディスクでyosemiteをインストールしにいきます。


USBを挿したままoptionおしっぱでmacpro起動




DSC_2717.jpg






・・・・お?






DSC_2718.jpg







お?









DSC_2719.jpg






きたああああああああああああ






やっぱりこの起動する瞬間ってのはたまらんですな ホント 自作勢なら分かると思いますが組み上げたものが動き出す瞬間ってのはたまらんです 今回の場合用意されたものを付けてくだけですがやっぱり嬉しいですね ガンダム初めて動いた時もこんな気持ちだったんですかね テム・レイ。




インストールしていきます
DSC_2721.jpg













アイエエエエエエエエエエエナンデ!?SSD認識されてないナンデ!!??









ディスクユーティリティを見てみても…
DSC_2722.jpg







アイエエエエエエエエエエエナンデエエエエエ
DSC_2724.jpg




色々調べたのだが、とりあえずyosemiteをインストールした後でOS側のディスクユーティリティで見てみると出るかもっていう適当理論でとりあえずHDDにインストール
DSC_2726.jpg



起動!感動するはずだが感動しない
DSC_2728.jpg



というわけで色々中身を見ることに
DSC_2730.jpg








HDDを差し替えてもSSDを色んなとこに挿したりしても…直らず…
DSC_2729.jpg























































44600331_220x117.jpeg







































そして2chで色々見てると気になるレスが
WS000377.jpg




テープで吊るす??マウンタも買えない貧乏人かな?wwww俺はちゃんと裸族のマウンタ買ってんねんwwwwでもまあ認識しねえしテープで吊るしてみよっか?wwwwwwwwwwww
































DSC_2731.jpg


認識した…






















joudanjaneezo.jpg





おい裸族のマウンタどういうことだよ!!お前macproにもいけるって書いてただろ!!!クソが!!!結局テープ吊るしかい!!








というわけで吊るしでSSD認識したのでここでついにFusionDrive化 ここからはちと…手強いゾイ…(そんなことはなかった)








③FusionDrive化


はい、最後にSSDとHDDを擬似FusionDrive化します。そもそもFusionDriveというのは複数のHDDをひとまとめと認識しちゃうことですね。で、何がすごいかってOSが勝手にSSDとHDDの振り分けをしちゃうんです。
つまりよく使うファイルはSSDへ、使わないものはHDDへ すごいです。
ですが、これよくよく考えたらDTMをしている俺にはちょっと向いてないような気がしただって音源の読み込みSSDに置いとかないと遅いんだもん


まあでもFusionDrive、なんか好奇心わくじゃないですか なのでやってみたいと思います。でもですね、実際FusionDriveってどうかと思うんですよ そもそもシステムパーティションだって分けられてるのには理由があるわけですし。RAID 0みたいなことをやっちゃうってことはどっちか片方が死ぬと共倒れですからね。 まあそこはtimemachineで全部バックアップしとけってことなのかもしれません。 むしろあれがあってのFusionDriveかもしれないっすね









というわけでやっていきましょう






まずはリカバリーモードに入ります。『Command + R』を押したまま起動ですね
で、↑のメニューバーからターミナルを起動しましょう





そしたらSSDとHDDの番号を調べます。

diskutil list

とターミナルに入れます。

DSC_2731.jpg


するとこんな風にズラーとディスクが出るので、容量から考えましょう 
自分はdisk0がSSD disk1がHDDです
DSC_2733.jpg




次はこの2つを合体です。


diskutil cs create FusionDrive disk0 disk1

と入力です。ここのdisk番号は自分の合体させたいSSD、HDDの番号を入れてください。
DSC_2734.jpg


この時表示されるUUID(識別番号)をコピーしておいてください。
英数字(8桁-4桁-4桁-4桁-12桁)がUUIDです。
「Logical Volume Group」の横のところです。
DSC_2735.jpg

これだと「958E9~」ですね

「diskutil cs list」
を入力して、「Logical Volume Group」の右側に書かれている英数字を調べてUUIDを調べても大丈夫です。
DSC_2737.jpg








そして最後にボリュームを作ります。UUIDを使います。

『diskutil coreStorage createVolume 958E9BAB-01B8-4067-B247-6A1FB28D24DF jhfs+ MacHD 100%』

緑字の部分に先ほどのUUIDを入れます。自分のHDDのUUIDを入れてください。
DSC_2738.jpg





そして待ちます…。
DSC_2739.jpg






終わるとディスクユーティリティにFusionDriveが出来上がっています
DSC_2740.jpg






そして、ここでタイムマシンからバックアップやOSインストールですね なので実際自分はyosemiteを一回インストールしましたがあれは要らなかったです まあSSDが認識しなくて絶望してました はい


とりあえず今回は初期費用6000円+メモリ7000円くらいでmac環境が出来ました。HDDやSSD、グラボやUSB3.0が余っていたからこそ安く組めましたが、それを付け加えたとしてもかなり安くできるはずです。
SSDHDDで2万、グラボは3千3.0も3千…5万くらいで組めるんじゃないですかね 実際置き場所のあってちょっと中をいじれる人なら良い選択だと思います

あとジャンクでもしもロジックボードイカれていると色々面倒くさいのでやっぱり2万位だして通常のmacproにした方が良いかもしれません クロシコの電源も余っていたのでボードさえ大丈夫で良かったんですけどロジックボード逝ってたらホントどうしようもないので





とりあえずFusionDriveは解除しようかなって思ってます。でも何も考えて使えるのでその辺は便利ですね 何も考えないでも快適に使えような機能のあるmac、逆に色々と弄れるけど弄らなければ機械に疎い人には不親切なwindowsって感じの住み分けがちょっと見えてきました。 タイムマシンに関してはホントにすごいっす 久々に記事だったので長くなったのでこの反動でまた休むかもしれないです おやすみなさい
21:50  |  mac  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.04/28(Tue)

CHUWI Vi8 DualOSの話

CHUWI Vi8 DualOS、1ヶ月前くらいに買いました
というかこのブログは3年くらい完全放置していた気がします 今の時代TwitterですよねTwitter

実際記事にしたいことはいっぱいあってchromecastとEZcastのこととかジャンクモニタポチった話とかHDMIスプリッターが素晴らしいとかps3のアカウントをBANされてもPSNpatchで書き換えれば認証行けたとか・・・

ガジェット系から改造系やら面白いことはいっぱいあったのですがTwitterでつぶやくとなんか満足しちゃってわざわざ記事にしないんですよね アフィもよく意味分からなくて全然出来ないんで記事を書いて一攫千金いったるでえって気分にならないんですよね はい いや、でもブログってのは色んな人の役立つために書いてるってのはありますけどねはい でもアフィってどうやるんだよ広告出しててもよく分かんねえよおい マッスル


CHUWI Vi8 DualOSを買ったぞい



DSC_2746.jpg




スペック
●Windows+Android搭載デュアルブート

●8インチ液晶IPS(1280×800)液晶、Bluetooth搭載
●超ハイスペックIntel製クアッドコアCPU搭載
ハードウェア
型番 Vi8
CPU Intel 3735F クアッドコア 1.83GHz(MAX)
メモリー 2GB
ストレージ 32GB(システム領域含む)
液晶サイズ 8インチ
解像度 1280×800(IPS)
カメラ フロント(30万画素) リア(200万画素)
タッチパネル 静電式
スピーカー 内蔵
マイク 内蔵
無線 IEEE 802.11 b/g/n
有線 非対応
3G 非対応
Bluetooth 対応
GPS Wi-Fi GPS対応
Wi-Fi GPSと衛星GPSの区別:
Wi-Fi GPSとは、Wi-Fiの環境で現在地を確認できる機能。衛星GPSとは、Wi-Fiの環境がなくて内部のGPSモジュールで現在地を確認できる機能「地図ソフト必要」。
Gセンサー 4辺回転
I/Oポート MicroHDMI、MicroUSB、イヤホンミニジャック、Micro SDカードスロット、内蔵スピーカー、 マイク
バッテリー 5000mAh
本体サイズ 約207x122x7.9mm
本体重量 約305g
材質 金属
ソフトウェア
ファームウェア Windows8.1+Android4.4
言語 日本語含めマルチ言語
付属品
USBケーブル 1本


赤札倉庫からコピペです

http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=6147

今は17000円くらいですね CHUWI Vi8 DualOSは発表された時からちょっと気になっていて、Banggoodで90$くらいの時に買いました お買い得ですね

http://www.banggood.com/Chuwi-Vi8-Super-Z3735F-Quad-Core-1_83GHz-8-Inch-Dual-Boot-Tablet-p-968268.html 今はこんくらい


デュアルOSのタブレットというのはとても興味があったんですよね 泥タブはなんか中華の双撃N70→nexus7→memopad7→gpad8.3と使ってきて、winタブはDELLの10インチタブLatitude10とASUSのVivotab8を使っていました。


Latitude10はwinタブとしてはUSBポートとHDMIポートがあり、ワコムもスタイラスペン対応、10インチで画面も見やすかったのですが、ケースを付けると普通にノート並の重さになるのとCPUがZ2760だったのですがあれがあまりよろしくなく、重いことは全然できない機種でした。 

今はAtomでもそこそこのことは出来るのですが、自分は別にofficeも特に使わないしWEBブラウジングはAndroidタブレットでいいしキーボード持って打ち込むならmacbookでいいし・・・とあまりライフスタイルに合っていなかったのでヤフオクで売りました。






その次のvivotab8、これは良い機種でしてスタイラスペン対応の8タブはあの時vivotanしか無かったと思います。
世間では艦これ需要でmiix8が流行っていましたが遊戯王ADSをやりたいがためにタブを買う自分としては完全にスタイラスペン対応のものが良かったのでvivotab8でした。
軽さも良く64GB、microSD対応でしたがなんだかだんだん外でゲームをする気もなく売りました。


ただ、winタブのデュアルOSについて気になっているのは、やはりwindowsが痒い所に手が届くOSだからです。
正直タブレットとしてはwindows8.1というOSは未熟で、AndroidやiOSには使い勝手の上では及びませんがやはり息の長いOSとしてはできることが多いのも事実です。

isoをDVDにライティングする、動画のエンコード等の処理はwindows環境なら自宅のものを使えばそのままタブレットでも一応は出来ます。OTGにてUSB接続で色々な機器と繋げばそれだけ出来る事が増えるのはwinタブの大きな強みです 
しかもそれがデュアルOSで、好きなときだけwindowsに、普段使いはAndroidになれるなんてなんて便利なんだろう!!と思い僕は・・・ポチった・・・





安定のpaypal支払いが終わり3週間後(Banggoodは安いしクーポンも付くけど到着まで結構掛かるらしい 泥屋でも一緒にケースを頼んだけど泥屋が1週間ちょっとだったんで倍くらい時間かかりました。)








届いた!!!箱すぐ捨てちゃった!!撮るの忘れた!!



DSC_2745.jpg



Banggoodはウイルス混入事件もあったので、一応windows再インストール行いました。箱も正規の箱じゃなかったのでちょっとこわいですね



泥屋で買った蓋付けたらこんな感じ

DSC_2742.jpg

DSC_2744.jpg



windows側のディスクの管理でパーティションを見た感じ、2chで話には聞いていたけどこの細分化はすごい・・・。windowsnのCドライブと回復パーティション、androidのパーティションかなあ

キャプチャ 




これ、一万円を切るdualOS中華タブレットなのですが、なんとoffice365が付いていてアカウントと紐付けすればoffice365日使い放題、onedriveの容量が(一年間?)1TBになるそうです。すごい。

ですがbanggoodからだから初期化しようと初期化してしまうとoffice365の紐付け権限も消えてしまうので初期化の前にoffice365とアカウントの紐付け作業がいるそうです。
日本語は選べないので英語でやっていきます。そのへんの詳しい記事はググったらすぐ出ると思うのでそちらを
普通にoffice365で進んでいってアカウントでログインしたら出来ました。



vi8にした理由は、当初ねらっていたv89が縞液晶で微妙らしい(現行は大丈夫らしい)ネットでも話題になっていたiwork7だが、7インチより8インチの方が漫画鑑賞やネットブラウジングにおいて優位性があるというのはmemopad7、Nexus7からGpad8.3への移行の時に好みがはっきりしていた、というのが主な理由でした。

そしてvi8、縞液晶でもなく8インチがなかなか絶妙なもので良かったです。スペックも一昔前のatomとは大違い、windowsでもワードやエクセル程度ならサクサク動いてくれます。動画鑑賞も○


縞模様は無い
DSC_2747.jpg



ただ、windows8はやはりタブレットには最適化されていないosなので普通のPCのようには・・・という風にはいかないですね。トラックボール付きのキーボードや細いタッチペンを使いましたが結局一番良いのはtouchmouseのソフトを使うことでした・・・。
キーボードもお世辞にも使いやすいとはいえず、ここに関してはAndroidのATOKを見習って欲しい。

元々タブレット向けに作られているものではないのでしょうがないと言えばしょうがないのですがwindowsXではいろいろとタブレットとしての良い部分を光らせて欲しいですね


とにかくデュアルosで分かったのは、やはり普段使いにはandroidだということ、windowsを使うのはオフィスやゲームに限定するべきですね ただその気軽な使い分けができるのはデュアルosの強みだと思います。




ちなみにOS切り替えは専用のスイッチがあります。これはroot取ってGBで色々追加していますが、実際は普通にOSswitchがありますね
Screenshot_2015-05-12-04-32-36.png




ちなみにメモリーカードはsdxc対応、64GBを差していました。これがまたなかなか面倒で、androidで初期化してFATだと読み込めるとあったのですが、やはり使い勝手が悪く、一番良いのはwindows側でNTFSでフォーマットしてandroid側ではparagonを使うなどしてNTFSを読みこむのが一番使い勝手が良かったですね

それと、sdカードで容量増加を狙う人は特に気になると思うのがクラウドのフォルダ指定、Dropbox,copy,googleドライブ・・・NTFSでフォーマットしてもsd上に作れないと表示が出ることがあるかもしれませんが、CドライブにシンボリックリンクをSDに向けて作り、そのシンボリックリンクをリンクに指定すれば大丈夫でした。
まあエラーや抜き差しのあるSD上に作らせたくないのはそりゃあその通りなのでなるべくはドライブ上に作るのがいいんですけどね・・・32GBじゃあね・・・



ちなみにeMMcの転送速度は中華だから遅い!とは特に感じなかったですね windowsタブレットらしい速度でした。デュアルosのせいなのかwindowsosのせいなのかは分かりませんが(たぶん後者)スタンバイの電池の減りがけっこうありました。ディープスリープに入ってないエラーなのか??とか思ったりしましたがwindowsの時がより一層減りが激しいのでOSの仕様ですかね



それとこれは2chでもまだ判明してないのかな?という事ですが、android使用時の文字の大きさやステータスバーの大きさがなーんか解像度と合ってないんだよなあと思いシステムの中の数値を色々弄っていたら発見しました。
これはswipepadを使ったときになぜか画面の4分の1にしか表示されず、それを直すために弄ったのですが



/system/build.propを開き、「ro.sf.lcd.density=120」という記述を変えるというものです。


これがすごく大事で、解像度と文字の大きさが変わります。ちょうど良い大きさにしましょう


とまあ思ったことをつらつらと書きましたが総じて一万円という値段にしては本当に良いガジェットだと思います。
windowsが使えるアドバンテージは大きいですね これの64GB、FHDとか出てくれたら一番なんですけどそろそろ出そうですね 

i6とかretinaの液晶をそのまま使ってるようなので中華タブも液晶に関しては意外と力を入れているようなのでどんどん他社には真似できないもの・・いやむしろ真似しまくったものを出せばいいと思います・・。 
作り手からしたらパクリはたまったもんじゃないですが消費者はウイルス入れられて仕様もむちゃくちゃで数値弄らないと解像度も合わせてない仕上がりだとしても、安くて冒険心のあるガジェットは心動きますからね、、



というわけでCHUWIのvi8でした。次は縞直ったっぽいので同じCHUWIのv89辺りほしいですね
21:47  |  ガジェット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05/10(Sat)

PS3のRSOD(Red Screen of Death)を解決した方法 80022D90era-

PS3のRSOD、つまり
19:15  |  便利そうな情報。  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09/30(Sun)

Apple MacBook Pro withRetinaDisplayとかの話

っきり更新をしていなかったのですが、色々ありました。はい、色々ありました。


タイトルからも分かると思うのですが、今回はAppleさんのMacBook Pro withRetinaDisplay、そしてその周りの機器のDVDドライブであるバッファローのDVSM-PC58U2V-SV、それとApple Magic Trackpad MC380J/Aについてのレビューをやっとこさしようと思います。





Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.3GHzQuadCorei7/8GB/256GB MC975J/A
Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.3GHzQuadCorei7/8GB/256GB MC975J/A
アップル 2012-06-13
売り上げランキング : 11604


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




BUFFALO Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ シルバー DVSM-PC58U2V-SV
BUFFALO Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ シルバー DVSM-PC58U2V-SV
バッファロー 2011-03-12
売り上げランキング : 132


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




Apple Magic Trackpad MC380J/A
Apple Magic Trackpad MC380J/A
アップル 2010-07-29
売り上げランキング : 334


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


23:55  |  レビュー  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/08(Wed)

WiFiTunesSyncのエラーについてのメモ

androidMarketdで販売されているアプリ「WiFiTunesSync」


このアプリを使えばitunesとAndroidの機種を同期させることができるという優れもののアプリなのですが、当方エラーが発生してしまいました。


というのも、タスクバーにWiFiTunesSyncが表示される、にも関わらずカーソルを乗せた瞬間に消えてしまって起動すらできないというもの。



プロセスを見てみると、どうやら起動すらできてないらしく、何度かアンインストールを繰り返したり、netframeworkを入れなおしたりしたがそれでも治らない




という訳で、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\WiFiTunesSync\log.txt」を見てみると、どうやら起動できていなく、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\WiFiTunesSync\settings.xml」を読み込めないと書いてあった。


という訳で
「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\WiFiTunesSync\settings.xml」のプロパティを開いて管理権限あげたら直りました。おわり。
12:54  |  Android  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/06(Mon)

iphone/ipodtouch iOS5.0.1 紐なし脱獄方法

更なんですが、せっかくなので記事をかくことにします。


正直自分は全くios5にする必要が無かったのですがwifiシンクのためだけにios5にすることにしました。





というわけでざっくり方法を

対応機種

iPhone 3GS
iPhone 4
iPod touch 3G
iPod touch 4G
iPad 1
AppleTV 2G



自己責任でお願いします。


※ちなみにこれは完全脱獄の方法なので、5.0.1の状態で、仮脱獄をしている方は「Install Cydia」のチェックをしないだけで後は全て同じ手順ということになります。



(1)まず、Redsn0wというソフトをダウンロードします。win版とmac版があるので自分のosにあった方をダウンロード、解凍してください。

Windows:Redsn0w 0.9.10b1 for Windows
Mac:Redsn0w 0.9.10b1 for Mac



(2)その後、その解凍したフォルダの中に「Redsn0w」というファイルがあるはずなのでそれを開きます。

WS000015.jpg




(3)開いたら、『JailBreak』をクリック。

WS000016.jpg



(4)次画面がdfuモードに入る手順なんで、この段階で準備をしておきます。
DFUモードに入る準備ができ、手元に端末を置いたらNEXTをクリックしてください。

WS000017.jpg




(5)
DFUモードに入ります。

WS000018.jpg


手順は

パワーボタンを”3秒間”押し続けます。

パワーボタンを離さずに、ホームボタンも一緒に”10秒間”押し続けます。

パワーボタンのみを離し、ホームボタンを押し続けます。




この流れです。DFUモードに入れたら後は勝手に進んでくれるので放置しておkです



WS000019.jpg




(6)その後、オプション画面がでます。「Install Cydia」はクリックしておきましょう。仮脱獄中の方はチェックを外しておいてください。

WS000020.jpg

脱獄する端末によって出るオプションは違うそうですがこんな感じらしいです。

Install Cydia
Cydiaをインストールする

Install custom bundle
CustomBundleを選択インストールする

Install iPad baseband
06.15.00ベースバンドをインストールする

Allow boot animation
ブートロゴアニメーションを使用可能にする

Enable multitask gestures
マルチタスク用ジェスチャを有効にする

Verbose boot
起動時に動作プロセスを表示する

Custom boot logo
ブートロゴを他の画像へ変更

Custom recovery logo
レカバリーロゴを他の画像へ変更

Deactivate
未アクティベート状態にする

Enable battery percentage
ステータスバーへバッテリー残量を%表示

Deactivate
未アクティベート状態にする



(7)後は脱獄完了作業を待つだけなので、doneが出たらCancelを押して終了させます。

WS000022.jpg




(8)これで脱獄は終了です。良い脱獄ライフを・・・と言いたいところですが、もう一つ設定があります。




実はcydiaがios5の日本語に対応していない?だとかなんとかdで、そのままcydiaで検索しようとすると落ちてしまいます。

それの対策として「Cydia Keyboard Fixer」を導入すれば日本語環境でもcydiaの使用が可能になります。
という訳でまずそのアプリをインストールするために、設定で言語環境を「英語」にします。(言語環境が英語ならば問題なくcydiaが使えるため)


IMG_0883.png




そして、レポジトリを追加。

http://apt.iphone4.tw/


IMG_0884.png




その後は、Cydiaより通常通りにインストール作業を行います。
Searchタブより「Cydia Keyboard Fixer」と検索すると出てくるので、インストール。


IMG_0885.png


これで後は言語環境を日本に戻してあげれば通常通りにcydiaが使えるようになります。お疲れ様でした。



ブログランキングに登録しています。気に入っていただければクリックお願いします
10:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/05(Sun)

Aspire AS5750 AS5750-A58D/K のレビュー

近はノートパソコンも安くなっていますね。今回は自分の中ではとりあえずの区切りである5万円以下、という中できっと今買うのであればかなり良い部類に入るであろうノートパソコンのレビューです。







AS5750-A58D/Kという機種のノートパソコンでacerのものです。





acer Aspire AS5750シリーズ ノートPC ブラック AS5750-A58D/K
acer Aspire AS5750シリーズ ノートPC ブラック AS5750-A58D/K
日本エイサー 2011-10-21
売り上げランキング : 3939


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

15:57  |  レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01/05(Thu)

FC2動画の保存方法(暫定版)

けましておめでとうございます。今年も皆さんの有益になる情報を少しでも多く届けていきたいなと思います。今年も当ブログをよろしくお願いします。



それでは今回はFC2動画の保存方法についてです。Cravingはプラグインも随時更新されているのですがそれでも保存できないことがあり、opera等のブラウザからキャッシュを抽出する方法も最近ではできなくなっているようです。(キャッシュに保存されない?)


今のところ、ではありますが、再生できる動画に関しては保存できる方法がありましたので紹介させていただきます。





WS000006_20120105133521.jpg
13:50  |  便利そうな情報。  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12/31(Sat)

GalaxyS2(SC-02C )のBLNを有効化する方法

今まではNOLEDで通知させていたのですが、なんだか電池持ちが良くないように思い、BLNを入れて見ました。

NOLEDと違い、画面を見て確認ではありませんが、メニューキーの光だけなので電力差は目に見えて違いますね。



とりあえず導入方法を書いていこうと思います。



まず、bln対応のカスタムカーネルを焼いてください。
クスィーはさくらみるく氏のを焼いていますが、対応しているものならどこのものでもおkです。


その後、https://github.com/creams/SGS2-liblights-binaryからlights.SC-02C.soをダウンロードします。

解凍後、ファイル名を「lights.SC-02C.so」にリネームしておいてください。

そして、rootexplorer等でまずもとファイルをバックアップしておきます。
/system/lib/hw/lights.SC-02C.so をどこかにバックアップしてください
SC20111231-132946.png


その後、ダウンロードしておいたlights.SC-02C.soを上書き。それでおkです。


その後マーケットからBLNをダウンロード。設定したら完了です。
SC20111231-132921.png


設定は簡単なのでぜひ試してみてください。
13:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。