スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.06/14(Thu)

ブログに人が来るには・・・・ガンダム以外の話をしろ!

無理です













クスィー、ガンダムの話以外をしろといわれても無理です。本当に。何にも無いですもん。ブログに人が来ないのがネタになるかな・・・・?


















まぁ、とにかくガンダムの話をしましょう。あ、ちなみにこのブログが好きな人はパソコン又は携帯の「戻る」ボタンをクリックして入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、戻って、入る、






をして下さい。(え)人来ないから。










多分、ガンダムは色々シリーズはありますが、一番ストーリ的にまとまっていて、基礎がちゃんとできて、設定も良いアニメはやはり「機動戦士ガンダム」つまりファーストだと思う。







クスィーもついこの前知ったのだが、やはり戦争には理由がある。一年戦争も例外ではない。ただ怪獣がやってきてそれを倒すアニメではない。



スペースコロニーに移り変わった人達は地球側から植民地扱いされ物資(資源?)も貰えなかった。そしてつにスペースコロニーの不満は頂点に。サイド3はジオン公国を名乗り戦争を仕掛けたのである・・・・・・・。








ここからはシャア視点で書きます(適当にね)





一年戦争時、ララァが死んだ事件がシャアとアムロとの因縁を決定付けたんだと思う。シャアはララァが自分を置いてけぼりにしてアムロと2人だけの世界を展開していることを感じ取り、嫉妬に近い怒りを覚えた。






「奴との戯れ言はやめろ!」






その直後ガンダムの攻撃からゲルググをかばって盾となりララァは戦死する。




死んだ?ララァが死んだ!?殺した!ガンダムのパイロット、アムロが殺した!アムロ、それは倒すべき敵だ!しかし、今のシャアの実力ではアムロは倒せなかった・・・・。去来する喪失感と絶望感。この事件はシャアの心に深い闇を残した。












一年戦争が終わり小惑星アクシズに身を潜めたシャアは「クワトロ・バジーナ」という新たな偽名を用い地球圏へ帰還。偵察のためいちパイロットとして反地球連邦組織エゥーゴに参加する。



なんの戦歴ももたないただのパイロットという立場を選択したのは一歩引いた視点で見るためだったのだろうか。多分そうだ。しかし、クワトロがシャアであるという事は周知の事実。赤い彗星の知名度は一年戦争から7年の時を経ても高くシャアことクワトロは気づくとエゥーゴの中でも体制に影響を及ぼす重要な立場にいたのである。










そんなときシャアは軟禁生活によってすかっり腑抜けたアムロと再会する。かつて自分を凌駕した男の没落したのか、シャアは余裕の口ぶりでアムロを叱咤する。エゥーゴの中核のポジションというのは誤算だったが、今の自分はアムロより上のいると確認できたのはシャアにとって大きな収穫だったのである。








Zの物語後半で、アムロは完全復活を遂げる。シャアは対照的に落ち込みムード。自分がシャアであるという事を演説でぶち上げたことにより、ただのパイロットしての立場を完全に失ってしまったのだ。そのため、パイロットとしての能力を発揮できるアムロを心底羨んだ。しかもアムロの能力は自分より遥か上。「昔のアムロに戻ったようだ・・・・」というシャアの言葉は嫉妬や羨望が入り混じる黒いものだった。やはり自分はアムロには勝てない・・・・・。ララァを失ったときに去来した敗北感をシャアは再び味わう。









そしてシャアはZの最終輪で再び姿を消す。大衆の道具として祭り上げられ自由を失い、アムロを追えなくなることを恐れて逃げ出したのだ。






みたび姿を現したシャアは「ネオ・ジオンの総帥」となっていた。これにはアクシズ落としをしようとするが、地球とコロニーの間の差別を消そうとしたシャアが出した1つの結論だった。そしてシャアは行方不明・・・・・。








































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まとめるの疲れた・・・・・・・・。励ましのコメントください(え?え?)

スポンサーサイト
21:21  |  日々日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2007.06.15(金) 08:06 |  | コメント編集

がんばって   下さい

 | 2007.06.15(金) 08:08 | URL | コメント編集

OK OK I LOVE GUNDAM
クスィー | 2007.06.16(土) 15:35 | URL | コメント編集

me,too.
やっとブログ300人超え・・・・。
アニメすく~るの住人 | 2007.06.16(土) 23:31 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://ganpurasaikou.blog86.fc2.com/tb.php/56-017f04aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。